一生使える資格を取る

レディ

医療事務講座は女性を中心に人気ですが、それは資格取得後の活躍の場が約束されているからです。また、大阪なら大阪の医療機関どこでも通用するという普遍性もあります。ただし、一口に医療事務と言っても様々な資格がありますので、自分が望む資格に連動しているかどうか、講座を受講する前に確認しておきましょう。

Read More...

公務員試験を合格するには

ウーマン

公務員になるには広範囲にわたる試験や面接をクリアしなけれなりません。しかし、合格した後には安定した仕事が待っているでしょう。合格するためには、募集要項をきちんと確認すること、そして予備校や通信講座などで効率よく学習することが大切です。ぜひ一発合格を目指しましょう。

Read More...

子育てを支援する専門家

婦人

保育士は都道府県知事が認定する国家資格で、国が指定する養成施設で必要な学課を修めるか、国家試験に合格するかのいずれか手段によって取得することができます。社会的ニーズは極めて高く、保育園のみならず一般企業などにおいても活躍できるチャンスがあります。

Read More...

自分で国家資格を所得する

住宅模型

自分で勉強できるのか

宅建は国家資格の中では難易度が中位に位置する資格です。しかし、独学で試験合格を目指すことができます。試験を受けるのに四年制大学の卒業が条件になっているような資格もありますが、宅建に関してはそのような条件はありません。その為、宅建の試験勉強を独学で行なって、試験に通過できる実力をつければ資格取得は充分可能なのです。独学で勉強を行う際は学校に通って勉強する場合と比べて、勉強にかかる費用が抑えられる分、途中で勉強に躓いた時に理解するのに時間がかかる場合があリます。なので、試験日までを逆算して計画的に勉強を進めていく必要があります。独学で勉強を行う時は教えてくれる人がいないので教材の良し悪しが勉強の進行に大きく影響するので教材選びは重要です。

勉強に必要な教材は

宅建を独学で勉強する時は学校に通って勉強する時以上に教材選びが重要です。教材はいくつも出版されているので多くの教材の中から選ぶ事ができます。インターネットでも独学で勉強した人の体験談やお薦めの教材が紹介されているので、それを参考にしながら実際にいくつか教材を見てみて一番勉強するのにやりやすいと思えた教材を使って勉強していきましょう。宅建の試験に出題される範囲の内容を勉強できる教材で内容を勉強した後は、過去問集を使って勉強していくと試験対策に効果があります。過去問を使って内容を確認していく事でより理解が深まりますし、実際に試験問題としてどのように出題されるのかがわかります。また過去問に取り組むことでどの範囲が多く出題される傾向にあるか把握できます。